薬を使わない花粉症対策とは?

私は40代の既婚男性で、20代半ばから花粉症で悩んできました。
妻も同じように花粉症で悩んでおり、そんな私と妻の遺伝子を受け継いだ小学二年生の息子も花粉症・・と花粉症一家でした。
アレルギー薬や目薬を注せば改善しますが、薬って副作用もありますから出来るだけ使いたくないんですよね。

 

そこで薬以外のもので花粉症対策に何かないか?と気にするようになりました。
するとあるテレビ番組で和歌山県北山村のじゃばらジュースが花粉症に良いと紹介されてたんです。
私も和歌山県民ですし、どうせなら地元県の商品で花粉症を治せればいいなと思い、北山村産のすっぱくないじゃばらジュースを購入しました。

 

まずは私から飲んでみた所、味はやや酸っぱいものの飲めないというほどではありません。
ミカンが特産品の和歌山県ですから、こういう酸っぱい味には慣れてるっていうのもあったとは思います。
数日飲んだだけで花粉症改善効果を感じたので、息子にも飲ませてみようと思いました。

 

息子の花粉症は私達夫婦より酷い状態で、その症状は鼻に来てました。
私達ならくしゃみや涙とかなんですけど、息子の場合は鼻水です。
花粉症の時期は鼻づまりになり、呼吸しにくそうにしてるんです。
それに鼻がムズムズするのと鼻水のかみ過ぎとで鼻の穴は真っ赤になってました。

 

幸いこういう土地柄なので、息子も柑橘系の風味や酸っぱさには慣れています。
じゃばらジュースも抵抗なく飲んでくれました。
ただ、毎日飲ませるのは大変でした。
普通に飲めるのと美味しく飲めるのは違いますからね。
1.2日ならまだしも、毎日ずっと飲むってなると嫌がりました。
そこでじゃばらジュースに蜂蜜を混ぜて甘くしたり、砂糖の入った牛乳に混ぜて飲ませたりしました。

 

こうするとじゃばらジュースもかなり美味しくなるので、息子も愚図らずに飲んでくれるようになりました。効果が出たなと感じたのは、飲みだして一週間ぐらい経過してからです。

 

息子の鼻づまりが改善してきました。
以前だと鼻をしきりに触ってましたが、この頃になるとあまり鼻は触らないようになってました。
二週間経過した頃には、鼻の赤みも無くなってました。
それだけ鼻がムズムズしたりしなくなったんでしょう。
飲み続けてるうちに花粉症への耐性がついたのか、花粉症の弱い時期なら症状は出なくなるほど息子の花粉症は改善しました。